TOP社会福祉協議会地域福祉事業ふれあい福祉センター
イベントカレンダー最新ニュース広報誌紹介キッズQ&Aリンクアクセスマップ質問フォーム

生活支援地域福祉事業
小地域ネットワーク
 一人暮らし高齢者や障害者など支援を必要とする方に、地域の中で孤立することなく、住み慣れた町で誰もが安心して暮せるよう、地域住民による支え合い・助け合い活動を展開します。

 また、地域における福祉の啓発と住みよい福祉の町づくりを進めていくものです。



このようなネットワークで、次のような対応をしています。
◎見守りネットワーク活動

◎ネットワーク図の作成

◎緊急連絡カードの作成
(1)高齢者の安否確認
(2)福祉問題の早期発見
(3)要援護者緊急時の迅速な対応
(4)高齢者の孤独化防止
(5)高齢者に安心感を与える

ニーズキャッチシステム
 各地域にみえる民生委員児童委員(24名)や福祉推進協力員(35名)が中心となり、地域見守り活動の促進や情報提供の支援をいただいています。

 また、在宅介護支援センターの定期的なニーズ調査や地域訪問を実施しています。医療機関等との連携強化による情報入手体制の充実など、援助を必要とする高齢者や障害者などの福祉ニーズをより積極的に把握するための機能です。


トップページへ戻る || 上へ戻る || 「地域福祉事業」へ戻る