TOP社会福祉協議会地域福祉事業ふれあい福祉センター

度会町社会福祉協議会とは?
 

「住み慣れたまちで誰もが安心して暮らせるまちづくり」を応援しています。

 社会福祉協議会(社協)とは、法人格をもつ公共性の強い民間の福祉団体で、住民の方々と一体となった地域福祉推進の中核組織としての役割を担っています。

 誰もが安心して暮すことのできる地域福祉の実現を目指し、社協は住民のみなさん一人ひとりの声を聴き、必要に応じた調査・研究を行い、地域福祉計画の策定(さくてい)、広報活動、福祉サービスの充実やボランティアの育成・研修などを通じ社会資源の発掘・育成などを行っています。



 社会福祉協議会のめざすもの 

一人暮らしで、話し相手もいなく寂しいな〜。障害を持つとどんなんだろう?車椅子生活は大変かな〜。介護するのに疲れた〜同じ思いをもつ人に話を聞いてもらいたいな。寝たきりになった母に湯船につかってもらいたいわ。大工の仕事を活かしたボランティアでもしたいがどうし?H?Q
そんな住民一人ひとりの福祉の要望に対応して、

 『住み慣れたまちで誰もが安心して暮らせるまちづくり』

の実現を目指します。



 社会福祉協議会の活動5つの原則 

【1】住民ニーズ基本の原則
 調査により、地域住民の要望・福祉課題等の把握に努め、住民のニーズに基づく活動を第一にすすめます。

【2】住民活動主体の原則
 住民の地域福祉への関心を高め、そこから生まれた自発的な参加による、組織を基盤として活動をすすめます。

【3】民間性の原則
 民間組織らしく開拓性・即応性・柔軟性を生かした活動をすすめます。

【4】公私協働
 社会福祉、保健・医療、教育、労働の行政機関や民間団体等の連携を図り、行政と住民組織との協働による活動をすすめます。

【5】専門性の原則
 住民の福祉活動の組織化・ニーズの把握調査などの福祉の専門性を生かした活動をすすめます。


トップページへ戻る || 上へ戻る || 「社会福祉協議会」へ戻る